スタッフブログ

家のどこにどんな木が使われているのか!?②

東海 理紗 自己紹介へ
2019/06/25(火) すべてすべて

こんにちは!

今回も「家のどこにどんな木が使われているのか!?②-スギについてー」です

 

前回のブログでもいったように、ミヤワキホームでは、土台や大引といった床下部分、外部木部などにはヒノキ、梁や柱などの構造材、床材はスギを使用しています。

 県内で生産される木材のほとんどがスギです。県産材のスギを使うことにより、地産地消の取り組みにつながるようにしています。

そういう意味でも、ミヤワキホームでは主にスギを使用しているのです。

昔は真壁や漆塗りの家が多く、スギはきれいに見えるという理由でも使われていたそうです。

 

スギは

  •  調湿作用が高い
  • 断熱性に優れている
  • 衝撃を優しく吸収する
  • 長持ちする

といったメリットがあります。

スギの無垢材の床は、足触りが良くやわらかです。夏は汗でベトベトせず、サラサラしています。また、冬でも素足で歩けるくらい温かみがあります。

スギ完成写真

写真で見えている木材は全てスギです。

以前の「富山県産材を使うメリット」のブログは、今回の「スギを使う理由」と共通しているので、気になる方はそちらのブログもぜひご覧ください!

 

!豆知識!

スギの名前の由来は、成長が早く、まっすぐに育つ木という意味「直ぐ木(すぐき)」からきたそうですよ!

 

次回は「素足で歩くと分かる床材の違い!」です。

 

記事一覧

1ページ (全87ページ中)

ページトップへ