スタッフブログ

富山県産材のメリット

東海 理紗 自己紹介へ
2019/06/15(土) すべてすべて

こんにちは!

 

ミヤワキホームでは、家の主となる木材に、国産材・県産材を積極的に活用しています。

森林は、伐採・植林を定期的に繰り返すことで、良質な木材の生産の場となります。

ここ何十年、山は放置され荒れています。それが、川下の富山湾の定置網漁業にまで影響を及ぼしているのです。

ミヤワキはかけがえない環境を守り、次世代に引き継ぐためにも、できるだけ地元で育った山の木で家をつくりたいと考えています。

 

そこで今回は、富山県産材について書いていきます。

富山県木材組合連合会、婦負森林組合のホームページより、富山県産材を使うことによって生じる5つのメリットについて紹介します。

 

① 地球温暖化防止に貢献

木材の輸送距離が長いほど、排出される二酸化炭素量が多くなります。

しかし、県産材を使用することで輸送距離が短縮でき、排出される二酸化炭素量の削減にもなり、それが地峡温暖化防止に貢献することにつながります。

 

② 安心・安全・快適な家づくりができる

県産材は多雨多雪といった、厳しい気候の中で育っているため、湿気による様々な影響を受けにくいという特徴があります。

また、県産材は北洋材・北米材などの輸入材に比べ、優れた調湿性・耐朽性・耐蟻性を有し、他の国産材に引けをとらない強度があるということも、性能試験で明らかになっています。

 

③ 豊かな森林を育む

県産材の需要の低迷などにより、放置される森林が増加しています。それにより木々が過密状態になり、健全に育たなくなる、下草が枯れて地表がむき出しになる、土砂の流出、保水力の低下などを招きます。

これらを回避するために、木々の間引きや間伐を行います。その木材で家を建てたり、家具を造ったりして、間伐事業の資金を生み出します。

 間引きや間伐をして、たくましい木々を育てるだけでなく、土砂災害防止や水源の確保にもつながり、豊かな森林を育むことになるのです。

 

④ 林業と地域経済を元気にする

県産材の需要が高まることで、林業が活性化します。

それにより、山間地域の雇用確保や地域経済の振興にもつながります。

 

⑤ 地域密着・親しみ・愛着を引き出す

県産材を使うことは地産地消の取り組みにもなります。

こうした郷土の資源を有効活用することで、地域の人々の親しみや愛着を引き出します。

 

以上のような5つのメリットのうち、ミヤワキは②、④、⑤を重視し、富山県産材を積極的に活用しているのです!!

 

 富山県産材の構造材

富山県産材下地

写真の梁や桁のような構造、下地材には実際に富山県産材を使用しています。

 

次回は、「県産材を使った家づくり支援事業について」ご紹介します。

 


ミヤワキホームの公式SNSアカウントもチェックしてください♬

公式インスタグラム

公式Pinterestページ

公式Facebookページ

ミヤワキホームLINE公式アカウントでは家づくりのイベントやお役立ち情報をお届けしています。LINEからのご質問・お申し込みも可能です♬

友だち追加

記事一覧

1ページ (全89ページ中)

ページトップへ