スタッフブログ

塗料1つで全然ちがう仕上がりに!

宮本 伸吾 自己紹介
2017/10/30(月) すべて

みなさまの家づくりに役立つ内容を広く紹介しています。

先日、とあるカフェに行ったときのことです。私は違和感を感じました。
「無垢材のフローリングで木の足心地をぜひ体感してみてください」と書かれた看板がた
っていたのですが、しかしそれは触れるまでもなく、見るからに私が普段ミヤワキホーム
で建てるお家の無垢材のフローリングとは違っていたのです。

なにが違うのかというと、無垢材に塗る塗料です。
そのフローリングに塗られていたのは、普段ミヤワキホームが使う塗料ではない、おそら
くウレタン塗料でした。見るからにツルッとして、ピカピカに磨き上げられたような、き
れいなフローリング。 「これで無垢材の良さがわかるのか…?」と思って触れてみると
、案の定私のアパートのフローリングと同様に、冷たさを感じたのです。
本物の無垢材の足心地を知らない方から「これが無垢材の足心地か….」と、思われてい
たらとんでもないと思ったのと同時に、「これで無垢材の良さは体感できない!」と憤り
さえ感じました…。

どれだけ良い無垢材を使っていたとしても、ウレタン塗料を塗ってしまっては無垢材の足
心地が台無しになってしまいます。
なぜかというと、ウレタン塗料を塗ることで化学由来の膜をつくり、見た目は無垢材でも
実際はアパートと変わらないような、人工的なフローリングと同じものになってしまいま
す。

ウレタン塗料は、摩擦に強くしてくれるという優れた作用を持ちます。しかし、それはせ
っかく温かみがある無垢材の良さを台無しにしているのです。

次回は、ミヤワキホームが標準で使用する塗料についてご紹介します。

記事一覧|2017年10月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ