スタッフブログ

断熱ってなに?住宅に大事なことなの?

宮本 伸吾 自己紹介
2017/10/09(月) すべて

みなさまの家づくりに役立つ内容を広く紹介しています。

さて、10月になり長袖が普通になってきましたね。ということは寒い季節の始まりです。
そろそろ暖房の時期か…と思いきやちょっと待った!

暖房を考える前にまず、『断熱』についてご紹介させてください。
そもそも断熱とは、熱が伝わらないようにすること、です。もう少し言うと、お家のなか
で涼しくした空気を外に逃がさない、または暖めた空気を外に逃がさないという、なんと
も優秀な作用のことです。

断熱は住宅にとって大事です。断熱がしっかりしているお家の良いことは、これからで言
えば真冬でさえエアコン1台でもしっかり暖かいということです。
これは旧戸出展示場のお家で実際にお客様から言われたことなのですが、「床暖房でもし
てるの?」と…。ミヤワキホームでは床暖房はしていませんが、基礎断熱をしています。
断熱材も色々な種類があるのですが、床には板状の断熱材を入れて、壁と屋根には吹き付
けの断熱材を入れています。

昔からあるお家に建てた時代には、断熱の技術が発達しておらず、また「家の作りようは
、夏をむねとすべし」の考えが浸透していたため、寒いのが当たり前でした。また、気密
性も今ほどではないので、すきま風ももちろんのこと…。これでは冬に家にいたくなくな
ってしますよね。

余談ではありますが、今思えば断熱材も何もないんだろうなと思いますが、私の実家はホ
ットカーペット+石油ストーブが基本でしたが、それをリビングでつけていても白い息が
出ました(笑) またすきま風もあったので、冬は家の中なのに外と同じ格好で着込んでい
ました。それが当たり前だと思っていたので、慣れって恐ろしいですね。建てて20数年で
すが、その時にもまだ断熱は今ほど当たり前ではなかったようです。

次回は、低断熱のお家の体への影響についてご紹介します。

記事一覧|2017年10月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ