スタッフブログ

節なしと節ありの木材に値段の差は?

宮本 伸吾 自己紹介
2017/08/10(木) すべて

前回は節ありと節なしの木材の強度についてご紹介しました。
さて、今回は値段の差についてご紹介します。

たとえば床材を節あり節なしで選ぶ場合、節ありのほうが値段が抑えられます。 理由は
、節ありより節なしのほうが貴重だからです。節のない、丸太の真ん中あたりからしかと
れないので、量が少なくそのぶん値段が上がってしまいます。

反対に、節ありは真ん中あたり以外の木材なのでそれなりに量がとれます。木の表面は節
だらけなのです。ですので、節なしのほうが節ありに比べて値段が抑えられるんですね。

ちなみに私は節ありが良いなと思っていて、まっさらな節なしよりも味がある気がして見
た目が好みなのです。 節ありも節なしも好みなので、値段に差はありますが、とりあえ
ず強度のことは心配せず「いいなあ」と思うほうをぜひ選んでいただければと思います。

記事一覧|2017年8月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ