スタッフブログ

心地良い「高岡の家 若葉」は自然素材にあり

宮本 伸吾 自己紹介
2017/01/30(月) すべて

今回は、ミヤワキホームの展示場、「高岡の家 若葉」で使用されている素材についてで
す。

ミヤワキホームは人工的につくられた素材(新建材といいます)を使用することはおすすめ
しません。なぜならば、それらからは化学物質が揮発され、体に良い影響を及ぼさないか
らです。いわゆるシックハウス症候群です。本来落ち着いて安心して暮らせる家の中で、
頭が痛くなったり、気分が悪くなる症状になり、体に悪い影響がでる可能性があります。

ではどういった素材を使うのかというと、無垢材や和紙といった自然素材を使用します。

たとえば、床はスギを用いています。スギは柔らかくて足なじみが良いです。また、無垢
材は呼吸をして湿度をうまく調節してくれているため、夏はベタベタせず、冬はフローリ
ングのような冷たさを感じにくいのです。さらに、無垢材は木の細胞内に空気の層をたく
さん含んでいるため、熱が伝わりにくく、断熱の効果もあるんですよ。このような特徴の
おかげで、夏涼しく、冬暖かく、が生み出されます。

天井や柱も同じくスギを用いていて、家全体に木のぬくもりを感じることができます。
また、無垢材は時を経ながらきれいなあめ色に変化していきます。建てたときが一番美し
い、ではなく、建ててからも美しくなっていく、そんな魅力があるのです。

そして壁には和紙を用いています。なぜ和紙かといいますと、和紙にはクロスと違って無
垢材のように調湿作用があり、快適に過ごしやすくなるからです。
水回りはまた別に撥水性がある特別な和紙を用いているので、しわくちゃになる心配は無
用です。

目に見える部分だけをご紹介しましたが、構造材も集成材ではなく、しっかり国産の無垢
材を用いています。
床から下の構造材である、土台・大引・根太は、ヒノキです。
ヒノキといえば、木の良い香りを思い出しませんか?
あの香りは、ヒノキチオールという成分の香りで、シロアリが大嫌いな香りなのです。
だから、防蟻材をまかなくてもシロアリ対策になってくれるのが特徴です。
土台から上は主にスギ(一部ヒノキ)を使用しています。

以上、高岡の家 若葉の素材についてご紹介しました。

記事一覧|2017年1月

ページトップへ