野島 颯乃 自己紹介へ

冬こそ!ヒートショック対策リフォーム

2021/11/26(金) すべてすべて

こんにちは!野島です。

 

また一段と寒くなりましたね。

気温の変化に体調を崩しやすい季節です。

皆様も暖かくしてお過ごしください。

 

この季節に気を付けたいのが、「ヒートショック」です。

ヒートショックとは、温度の急激な変化によって血圧が大きく上下し、

血管や心臓に負担がかかる状態のことを言います。

2006年のデータでは、交通事故による死亡者が約7,000人であったのに対し、

ヒートショックでは倍の14,000人が亡くなっています

冬は特に室内でも気温差が大きくなりやすい季節。

今回はヒートショック対策リフォームを3つご紹介します。

 

①断熱リフォーム

床・壁・天井に断熱材を敷き込むことで、

外から寒い空気の流入、室内の温かい空気の流出を防ぐことができます。

また、「内窓(二重窓)」の設置や「断熱性能を持つガラス」への交換などのリフォームで、

熱損失の大きい窓の断熱化を実施することも非常に効果的です。

② 浴室を最新のユニットバスに変更

今お使いの浴室がタイル張りの在来工法の場合は、ユニットバスにリフォームすることで暖かさが格段に違います。

現在ユニットバスのご家庭でも、築年数が経っている建物の場合、浴室の天井裏などに断熱材が施工されておらず、

寒さ対策が不十分な可能性があるため、浴室全体のリフォームをすることでさらに暖かい浴室にすることができます。

③暖房機の設置、コンセントの増設

服を脱ぎ着する洗面脱衣所や、居室との温度差が激しいトイレにも暖房機があると安心です。

小部屋用の暖房機には、壁付けタイプやパネル型のヒーターなど、いろいろな種類があります。

暖房機の設置が難しいという場合は、

脱衣所や洗面所、トイレなどに小型のヒーターを設置するためのコンセントを増設しておく、

という方法もあります。

 

 

このようなヒートショック対策リフォームの実例も

ミヤワキホームにはご用意があります♪

お困りごとなどありましたら、お気軽にご相談ください!

1ページ (全124ページ中)