スタッフブログ

建築業界の基本単位とは②

東海 理紗 自己紹介へ
2019/06/13(木) すべてすべて

おはようございます!

今回は畳や坪の大きさについてです。

 

よく「この家の和室は~畳、リビングは~帖、~坪」というのを見たり聞いたりすると思います

ですが、実際の大きさっていまいち分かりませんよね?

 

 

結論からいうと

1畳=909mm×1818mm

1坪=1818mm×1818mm

という大きさです。

 

1畳=半間×1間

1坪=1間×1間=2畳

ということが分かります。

畳や坪も尺貫法を用いて、表すことができるんです!

 

ちなみに

家以外では、運動会などでよく見られる「テント」も尺貫法で大きさを表すそうですよ!

なんだか奥が深くて面白いですね!

 

寸、尺、間、畳、坪

 

ところで

「畳」「帖」の違いって分かりますか?

日本家屋は元々和室が主だったため、畳の大きさで部屋の大きさを測っていました。そのため、1畳という風に書かれていました。

しかし、フローリングや洋室が増えて、洋室に「~畳」と書くと違和感がある!ということで、「帖」という漢字が使われるようになったといわれています。

そして現在では、和室・洋室の区別なく「帖」の漢字が使われていることが多いそうですよ!

 

 

次のテーマは「ミヤワキホームが積極的に活用している富山県産材の良さ」についてです


ミヤワキホームの公式SNSアカウントもチェックしてください♬

公式インスタグラム

公式Pinterestページ

公式Facebookページ

ミヤワキホームLINE公式アカウントでは家づくりのイベントやお役立ち情報をお届けしています。LINEからのご質問・お申し込みも可能です♬

友だち追加

記事一覧

1ページ (全89ページ中)

ページトップへ