宮本 伸吾 自己紹介

無垢材の床のメンテナンス方法!消しゴムとぞうきんとアイロンがあれば...

2017/11/16(木) すべて

今回は、ミヤワキホームの特徴である無垢材の床のお手入れについてご紹介します。

普段、何かしなくてはならないことはないです。お掃除だって、乾拭きも良し、掃除機も
ルンバもどんとこいですよ。ただし、ワックス成分を含んだクイックルワイパーはダメで
す。せっかくの無垢材の良さが、化学由来のオイルで塗装されてしまうことで一般的なフ
ローリングと同じになってしまうのです…。

しかし、キズがついたりなにかをこぼしたり、が生活するうえでよくあります。
特に水周りは色々と飛び散ったりしがちですよね。私は洗い物が終わったあとは気づけば
よく水が床に飛んでいます。一般的なフローリングなので水ハケは良く、染みたりするこ
とはないです。ただキズがついたりしたときは、ホームセンターに行ってパテを買い、埋
め、また必要な時々に作業する…。言うは易し、行うは難しです。

そこで無垢材はどうかといえば、ぎゅっと絞ったときに水が垂れるくらいの固さの雑巾と
アツアツのアイロンがあればOKです。キズがついた箇所に雑巾を当て、上から高温設定の
アイロンで10秒ほど当ててあげれば元通りになります。
特別な技術を必要とせず、気になったらサッとできるのでオススメです。むしろキズの直
りが一瞬できれいによみがえるので、楽しくてついついキズを探したくなりますよ(笑)

そして水ハケに関してですが、コーヒーや、お茶をこぼしても、すぐにふけば大丈夫です
。それでも染みこんだ場合は軽く紙やすりで表面を削れば元通り!

1ページ (全134ページ中)