スタッフブログ

同じ自然素材でも....

宮本 伸吾 自己紹介
2017/02/20(月) すべて

今回は「高岡の家 若葉」と「高岡の家 もみじ」で使われている素材を比較してみます。

まず、どちらの家も基本理念は同じで「安心・安全な家で暮らしてほしい」という想いが
込められています。自然素材、国産材を使用するということです。
でもそれぞれに特徴をもたせ、全然ちがった雰囲気を出してくれます。
では木材から。
「高岡の家 若葉」では、節ありの杉を使用しています。はっきりと見える節がアクセン
トになり、傷がついても節なしの板より見えにくいのも嬉しいポイントです。
カジュアルな印象を受けやすいかと思います。

一方「高岡の家 もみじ」では、節なしの杉を使用しています。サラッとした見た目が シ
ャープな印象を持たせています。

節ありか節なしは、好みが分かれるところです。
暮らし方に合わせて選びたいものですね。

次に壁です。
「高岡の家 若葉」は和紙貼りです。白っぽい和紙なので、家全体が明るくなりますね。
「高岡の家 もみじ」は火山灰の塗り壁です。土の色というか、ちょっと重みのあるとい
うか、落ち着いた印象をもたせる理由の一つですね。
素材・風合いは違えど、どちらも吸湿性があります。湿気が多いといわれる富山県には、
調湿作用があるのは嬉しいですよね。

いかがでしたでしょうか。
「高岡の家 若葉」と「高岡の家 もみじ」の素材について比較しました。

記事一覧|2017年02月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ