スタッフブログ

「暑い」「快適」「寒い」とは

東海 理紗 自己紹介へ
2020/01/15(水) すべてすべて

 

快適な熱環境の家、いわゆる夏も冬も気持ちよく暮らせる家を手に入れるために、、

今回は「暑さ」「寒さ」の仕組みを考えていきます。

 

人は活動量に応じて代謝熱が発生し、体を動かさなくても、基礎代謝としてある程度の熱を放出します。

この熱を逃がす必要があるのですが、夏は逃げにくいから暑く感じ、冬は逃げすぎるから寒く感じるといわれています。

 

では、人間の熱バランス=「暑い」「快適」「寒い」は何で決まるのか??

 

それは、人体側の「代謝量」「着衣量」、周辺環境側の「空気温度」「平均放射温度」「湿度」「気流」の6つの要素で決まります。

 暑い寒い仕組み

上図が「暑い」「快適」「寒い」の仕組みを表しています。

代謝量と放熱量が等しくなったときに、人は快適と感じるということが見て分かりますね!

 

そしてその「快適」というのは、暑さ・寒さといった感覚も生じることなく、体も心もリラックスしたまま、ずっと長く居続けることができる・ずっと居たいと思う場所だといわれています。

家はまさしくその場所です!

そのためにも、家には快適な熱環境が求められているのです。

また、快適な熱環境の実現に大事なのは「暖房機器」よりも建物の「断熱性」といわれています。

 

次回はその「断熱性」についてご紹介します。


ミヤワキホームの公式SNSアカウントもチェックしてください♬

公式インスタグラム

公式Pinterestページ

公式Facebookページ

ミヤワキホームLINE公式アカウントでは家づくりのイベントやお役立ち情報をお届けしています。LINEからのご質問・お申し込みも可能です♬

友だち追加

記事一覧

1ページ (全100ページ中)

ページトップへ