「積小為大」

2015/06/01(月) すべて

二宮尊徳先生の言葉

大きな事をするには、

小さなことからの積み重ねがやがて大きな事につながる。

「小さい事を疎かにしては、大事をなすこと出来ない。」

 

読書のための油代を稼ぐために荒地にたった一握りの菜種を植え

丹精込め育て 7~8升の菜種油を取り入れた経験や

捨て苗を荒地で丹精込めて育て 秋に一俵のモミを収穫したことにより

自然の恵みと人の力の 素晴らしさを知るとともに

小さな努力の積み重ねが 大切(積小為大)だと学んだそうです。

 

自分の机の中も片ずけれない自分です。反省 反省。

1ページ (全134ページ中)