宮本 伸吾 自己紹介

防蟻処理がしてあればシロアリは防げる?

2017/11/20(月) すべて

今週はお家の大敵・シロアリと、シロアリ対策についてご紹介します。
シロアリといえば、知らないうちに床下に潜り込んでいてむしゃむしゃとお家を食べてい
る…。気づけば床下がボロボロ、なんてことも多々あります。
建て替えをすることになったお客様のお家でも、いざ解体してみたらボロボロにやられて
いました、なんてことが最近ありました。シロアリだけでなく木材の腐敗という原因もあ
るのでしょうが、見えないところで危険が進行するって、とても怖いですよね。シロアリ
の中には、床下だけでなく天井付近まで被害を加えるものもいるのです。

だからこそ、シロアリ対策を多くの住宅会社では売りにしています。
私のアパートに某住宅会社のチラシが入っていたのですが、「シロアリに負けない家」と
赤字で書いてありました。なんだろうと思いじっくり見てみたら、「薬剤を木材に加圧・
注入処理。内部までしっかり浸透」とのこと。

何を良しとするかは人それぞれですが、安心・安全な家づくりをご提案する私たちにとっ
ては、ちょっと受け入れ難いなあと思う一文でした(笑)

防蟻材がしっかり注入してあれば生涯大丈夫!と思いの方はちょっとお待ちを。防蟻材も
寿命というものがあるのです。効果は約15年と言われます。それが切れたら、また業者さ
んにお願いすることになるケースが一般的です。
そしてはたしてその薬剤が人体にとって問題ないものでしょうか。シロアリも生き物です
。それが寄せつかないようなものを撒くということは、人間にとっても同じように問題が
ないといえるのでしょうか。 そんな防蟻材を使いたくないミヤワキホームのシロアリ対
策とは?次回、ご紹介します。

 

1ページ (全131ページ中)