スタッフブログ

自然素材の家づくりに期待されていること

宮本 伸吾 自己紹介
2017/06/17(土) すべて

さて、今回は自然素材の家づくりで期待されていることをご紹介します。

色々とありますが、なによりも以前にもご紹介した調湿作用や空気を浄化する作用がある
ことです。木造建造物の内部では、二酸化窒素やオゾンなどが外気よりも70%~90%減少す
ることが東大寺正倉院で観察されています。また、温湿度が一定に保たれ、大気が浄化さ
れてきたために文化財が長年にわたって良い状態で保存されてきたのです。

また、ストレス軽減や寝つきが良くなった、アレルギーが軽減されたといった声もありま
す。 ただしこれらは医学的に十分立証されたものではないのです。ただ、住宅に使用さ
れる化学物質が原因といわれる「シックハウス症候群」は近年になってから大々的に知ら
れるようになりました。要は体に合っていない、ということが原因と考えられます。
古くから住宅の素材として活用してきた自然の木材・素材が、人間の体には一番合ってい
るかもしれませんね。

記事一覧|2017年06月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ