スタッフブログ

和紙って水に弱いんじゃないの!?

東海 理紗 自己紹介へ
2019/07/27(土) すべてすべて

 こんにちは

 

前回のブログでは、主に居室で使用している土佐和紙の壁紙についてご説明しました。

そして水廻りや湿気の多そうな脱衣室や玄関には、また違った和紙壁紙を使用していると書きましたが、今回はその和紙壁紙についてご紹介します!

 

ミヤワキホームでは、水廻りや湿気の多そうな脱衣室や玄関に、「玉紙」という超撥水和紙壁紙を標準としています。

ちなみに「玉紙」というのは、完全球体を描き弾く水滴にちなんで名づけられたそうです。

実際に玉紙に水を垂らしてみると、写真のようにきれいな水滴があらわれました。

 玉紙

和紙は水に弱いというイメージがあると思いますが、玉紙は独自の加工でそれを強みに変えているのです!

従来の防水加工は、表面に隙間がないため通気性がなく、壁の内側が蒸れて結露やカビを引き起こします。

一方で超撥水加工は、和紙本来の通気性や調湿機能を活かしつつ、フッ素による特殊点膜加工により、防水性を高めたものになっています。

詳しくはこちらをご覧ください → → → https://www.tamagami.jp/water-repellent

 

玉紙の特徴は

1.超撥水+通気性がある

2.全てが自然素材

3.耐久性に優れている

4.施工性に優れている

この4つが挙げられます。

 

ミヤワキホームでは和紙壁紙といった自然素材を活用していますが、和紙だけが自然素材とは限りません。

次回は、また違った自然素材についてご紹介します!

 


ミヤワキホームの公式SNSアカウントもチェックしてください♬

公式インスタグラム

公式Pinterestページ

公式Facebookページ

ミヤワキホームLINE公式アカウントでは家づくりのイベントやお役立ち情報をお届けしています。LINEからのご質問・お申し込みも可能です♬

友だち追加

記事一覧

1ページ (全91ページ中)

ページトップへ