宮本 伸吾 自己紹介

無垢材を使ったお家の特徴。木の香りがする

2017/04/06(木) すべて

さて、今回は前回に引き続き、木の香りがする理由をご紹介します。 建てた直後だけ、
木の香りがするのかな…と思われませんか?

そんなことはありません。
「高岡の家 若葉」で香りがするのは、無垢材で床や柱、梁が見えているからです。 むき
出しの状態になっているから、香り成分(フィトンチッドといいます)を感じやすくなって
います。 また、無垢材が放出する香り成分が、消臭・脱臭効果をもっているので、空気
を浄化してくれます。そのおかげもあって木の香りがするのです。

ちなみに、香りは消えないのか、というと、これがそう簡単には消えないのです。
具体的な例でいうと、ミヤワキホームの事務所も木が見えているので、初めて来社された
方に「木の香りがするねえ」と言われることがたびたびあります。(事務所が建ってから
18年たちます!)
スタッフも、帰宅すると「木のにおいがする」と子どもに言われるとか。

慣れてしまうと感じにくくなりますが、それでも木の香りにつつまれて生活するのは森林
浴みたいですよね。

以上、“「無垢材を使ったお家の特徴。木の香りがする」”をご紹介しました。

1ページ (全134ページ中)