宮本 伸吾 自己紹介

その①自然素材の気になる点・ひび割れ

2017/06/26(月) すべて

さて、今週のテーマは自然素材の気になる点をお伝えします。
化学物質が少ないから、アレルギーやシックハウス症候群が心配な方にも安心して住んで
もらえるとか、無垢材には調湿作用があるから快適に過ごせるとか、木の良い香りにリラ
ックス効果があるなど色々魅力的な点があります。

でも、「いいことばっかりじゃないんじゃない?」とお思いの方もいらっしゃるのではな
いでしょうか。

ということで、自然素材のお家の気になる点、最初にご紹介するのは「ひび割れ」です。
私を含め建築に関して知識が少ない方から見たら、「これって大丈夫?」というくらい、
線がピシーッと入っていることがあります。

でも、構造的にはなんの問題もないです。お家を建てる材料となる無垢材は、水分を多く
含んでいるため、乾燥させて、建てたあとの構造のゆがみや反りをできるだけ防ぐために
、水分量を減らしてから使います。ある一定の水分量になれば材料として使えるので、お
家を建てるのですが、建てた後、時間が経つにつれて自然乾燥していくのです。それによ
ってひび割れが発生します。

そのひび割れがデザイン的に気になり、「割れてるなんて…」と思うか、「強度が増して
る証拠だな」と思うかは人それぞれでしょう。ただ、長い木造建築の歴史において、ひび
の入っていないお家はないはずです。それに、コンクリートでさえ時間が経てばひびが入
ります。

自然素材のお家ならではの現象ですので、そういうものだとして捉えてもらえたら、と思
います。

1ページ (全124ページ中)