ミヤワキホームが建てる高岡の家 間取り・空間にこだわる

無理に大きい家ではなくコンパクトでありながらも驚くほど広がりのある家族のコミュニケーションを重視した間取り・空間の提案を行なっています。

家は、単なる住む箱ではなくて
お客様のひとりひとりの想いをカタチにした住まい。
「はやく家に帰って家族に会いたい。」いつもそう思える暮らしを。

間取りにこだわる 家族の写真

“いい暮らし”って?

“いい暮らし”とは、ただ単に高価で大きな住まいに住むことではないとミヤワキホームは考えています。

家族それぞれの中にある夢や憧れ、想いを自分らしくカタチにした住まいで、
無理をせず、いつも安心して心豊かに暮らしていくことが
本当の“いい暮らし”につながっていくと信じています。

ぜひ、あなたの“いい暮らし”のカタチを考えてみてください。

 

高岡の家の家族を幸せにする“いい暮らし”へのこだわり

 

リビングに家族が集う

小さくつくって大きく暮らす。
高岡の家が誇る“広がり間取り”

最近の住宅は、家族の共有スペースより各個人の個室スペースを優先させる傾向にあります。その結果、小さな個室がたくさんある閉鎖的な居住空間になってしまいました。ミヤワキはプライベートな空間よりも、家族の絆を育む共有スペースがより重要だと考えています。目的別の部屋や無駄な廊下をなるべくつくらず、1・2階の生活空間をつなぐ階段や吹抜を居住空間であるリビングに配置することで、コンパクトでも広がりのある空間、家中どこにいても家族を感じられる住まいを実現します。

広がり間取りのつくり方

広がり間取り 生活イメージ

 

広がり間取り6つのメリット

  • 無駄なスペースが少なく、のびのび暮らせる
  • 風通しと採光が良い
  • 家族間の自然なふれあいができる
  • フレキシブルで開放感ある空間演出ができる
  • 家族の変化に対応可能
  • 長く住み心地の良い家となる

 

 

風と太陽の力を最大限に生かす設計の家

風と太陽の力を最大限に生かす設計

そよ風のやさしさ、太陽のぬくもり、緑の成長…。ミヤワキの家のいちばんの設備、それは「自然」です。豊かな自然の恵みを住まいに採り入れることで、暮らしをここちよくつつむことができます。そして、そのここちよさは環境への負荷を抑えるすぐれた性能でもあります。
私たちは「人にやさしい家は、環境にやさしい」との想いを描き、持続可能な家づくりを目指しています。

 風の通り道を作る

1.深い軒・庇をもうける 2.地窓をもうける 3.天窓をもうける 4.風が通る間取りをつくる
深い軒・庇をもうける 地窓をもうける 天窓をもうける 風が通る間取りをつくる

 

 

おひさまの光を採り入れる

1.深い軒・庇をもうける 2.敷地を念入りに読み込む 3.樹木を植える
深い軒・庇をもうける 敷地を念入りに読み込む 樹木を植える
夏は強い日差しを深い軒でさえぎり、部屋の奥まで直射日光が入るのをふせぎます。冬は太陽の位置が低くなります。日差しを部屋の奥まで入るようにすることで、室内をあたためます。 隣地の建物の高さ、方角、道路付けなど、光が入る部分を確認します。 落葉樹は、夏になるとたくさん葉を茂らせます。天然の簾(すだれ)となり、涼しい木陰をつくります。また、冬になると葉をすべて落とします。太陽のあたたかい光をたっぷり採り入れることができます。

 

 

もっと詳しくミヤワキホームを知りたい方に、おすすめ!!

資料請求はこちらから

ページトップへ