コラムColumn

自然素材って手入れが大変!?~壁の汚れ~

  • コラム
  • 自然素材は手入れが大変!?

 c151116.jpg 私たちミヤワキホームは自由設計の注文住宅をご提案している高岡市の工務店です。皆さんに安心してお住まいいただけるように自然素材を多用した家づくりをしています。

そんな中で、
「自然素材って手入れが大変なのでは!?」
というご質問をお受けすることがたまにあります。

大丈夫、むしろ簡単です。
私たちの家づくりでは、壁はクロスではなく調湿効果が期待できる和紙張りを主にご提案しています。

和紙ってすぐに破れちゃうのでは…?汚れがつきやすのでは…?と思われそうですが簡単です。

まず、キッチンや洗面などの水回りの壁は撥水性のある 玉紙 を使用しています。ですので、ちょっとした油汚れは水拭きのタオルでサッと拭き取ることができます。

リビングや寝室などは、風合いと肌触りが優しい 土佐和紙 を使用しています。ちょっとした汚れには、これ。

消しゴムです。

もしも、クレヨンや油性ペンなどの汚れが着いた場合はメンテナンスの施工が楽ですぐに終わることができます。住み心地と住み始めてからのメンテナンスを考えるとやはり、壁紙は和紙や漆喰などの自然素材をお勧めします。

私たちミヤワキホームは、地元高岡市を中心に主に呉西地区(射水市、砺波市、氷見市、小矢部市)で活躍している工務店です。数多くの家づくりに携わってきた経験から後悔しないための家づくりのノウハウを紹介していきたいと思います。

 

自然素材って手入れが大変!?~床が傷が付いたときの直し方~

  • コラム
  • 自然素材は手入れが大変!?

 c151106.jpg 私たちミヤワキホームの家づくりは自然素材を多く使っています。無垢材の床や、和紙、漆喰の壁など自然素材の家づくりでお客様にご提案をしています。

そんな中、

「自然素材って手入れが大変なのでは…?」

とご質問をお受けすることがあります。前回のコラムでは床掃除の方法をお伝えしました。今回は傷の直し方をご紹介します。

無垢材の傷の直し方はとても簡単です。用意するのはアイロンと水をたっぷりと吸わせたタオルのみ。 傷の上に水を含ませたタオルを置いてその上にアイロンを置くだけ。

ある程度の傷であればこれですぐに治ります。


一方で、フローリングの床を傷つけてしまった場合は治りません…。パテで埋めて、タッチペンで上から色を塗って目立たないようにするだけ…。

せっかく建てた新しい家の中ではお子様に遊びまわってほしいものです。ちょっとした傷が治ると思えば奥様方が子供の遊び方に注意するストレスも減らせますよ。

次回は壁の汚れについてご紹介します。


私たちミヤワキホームは、地元高岡市を中心に主に呉西地区(射水市、砺波市、氷見市、小矢部市)で活躍している工務店です。数多くの家づくりに携わってきた経験から後悔しないための家づくりのノウハウを紹介していきたいと思います。

 

自然素材は手入れが大変!?~床掃除の方法について~

  • コラム
  • 自然素材は手入れが大変!?

 c151102.jpg 私たちミヤワキホームの家づくりは自然素材を多く使っています。無垢材の床や、和紙、漆喰の壁など自然素材の家づくりでお客様にご提案をしています。

そんな中、

自然素材って手入れが大変なのでは…?

とご質問をお受けすることがあります。自然素材の住宅づくり…というと建てたあとのお手入れが気になるお気持ちはとてもわかります。

安心してください、むしろ簡単です。

私たちもモデルハウスの普段の掃除はほうき・ちりとりで掃き掃除くらいです。気になった汚れがあった場合は水拭きのみ。ワックスがけは不要です。無垢材本来の艶がじっくりと出て、非常に綺麗な床材になります。

お引渡し後のオーナー様もワックスがけ無しでお暮らしいただいています。年末の大掃除の手間が簡単!とお声をいただいています。

建ててから5年以上も経った展示場がありますのでぜひお越しくださいね。
次回は、無垢材の傷の直し方をご紹介いたします。


私たちミヤワキホームは、地元高岡市を中心に主に呉西地区(射水市、砺波市、氷見市、小矢部市)で活躍している工務店です。数多くの家づくりに携わってきた経験から後悔しないための家づくりのノウハウを紹介していきたいと思います