コラムColumn

散歩に出やすい・帰りやすい工夫について

  • コラム

こんにちは、今日も雪かきでヘトヘトな沖田です。

今回は「ペットと暮らす家づくり」についてです。

今日はワンちゃんと暮らす工夫の2回目。
これまでミヤワキホームでは多くのペット共生住宅を設計してきました。今日はワンちゃん(犬)と同居するときに工夫することをお伝えします。

ワンちゃんの特徴として、日々の散歩が必要ということです。これは猫ちゃんやウサギちゃんには無い日課です。

そうすると、玄関先にリード(首輪のひも)を掛けておけるようなフックを用意しておくと便利です。
また、室内犬の場合は足洗い場を玄関の近くに配置することも喜んでいただけます。

こうした細かい工夫が、人間もワンちゃんも快適に暮らせることにつながっていくのです。

次回は、「ワンちゃんのシャワー」についてです。


 

私たちミヤワキホームは、地元高岡市を中心に主に呉西地区(射水市、砺波市、氷見市、小矢部市)や富山市で活躍している工務店です。自然素材を使った木の家が得意で、新築からリフォーム、平屋から二世帯住宅まで幅広い要望に応えることができます。 数多くの家づくりに携わってきた経験から後悔しないための家づくりのノウハウや、家づくりが楽しくなるような情報などを紹介していきたいと思います。

 

 

ミヤワキホームで工夫していること①

  • コラム

こんにちは、雪かきでへとへとな沖田です。 今回は「ペットと暮らす家づくり」についてです。 前回お話した、コンセントや収納スペース、水回りなどについてミヤワキで工夫していることをいくつか順番にご紹介したいと思います。 ペットと一口に言っても多くありますよね。犬、猫、熱帯魚、金魚、ハムスター、ウサギ…。 これまでミヤワキホームでは多くのペット共生住宅を設計してきました。今日はワンちゃん(犬)と同居するときに工夫することをお伝えします。 ワンちゃんと同居するときに、重要なのはコンセントの高さ。ワンちゃんは、後ろ脚を上げておしっこする子もいます。そんなとき、コンセントの高さが低いと、万一のときに漏電してしまいます。 新居で不慣れな環境だと、躾(しつけ)ができていたはずの おしっこ で失敗してしまう子(ワンちゃん)もいます。そのための対策を練っておくと、人間もワンちゃんも快適な暮らしができるようになりますよ。 次回は、「散歩に出やすい・帰りやすい工夫」についてです。
 

私たちミヤワキホームは、地元高岡市を中心に主に呉西地区(射水市、砺波市、氷見市、小矢部市)や富山市で活躍している工務店です。自然素材を使った木の家が得意で、新築からリフォーム、平屋から二世帯住宅まで幅広い要望に応えることができます。 数多くの家づくりに携わってきた経験から後悔しないための家づくりのノウハウや、家づくりが楽しくなるような情報などを紹介していきたいと思います。

 

 

あまりおすすめできない間取りについて

  • コラム

こんにちは、最近就寝前に音楽を聴くことにハマっている沖田です。

さて、皆さんの家づくりに役立つ内容を広く紹介しています。

今回は「あまりおすすめできない間取りについて」です。

マイホームの間取りについて考えていくときに、いくつかおすすめできない間取りというものが存在します。


また、間取りの失敗例で多く取り上げられる事例としては、「配線の認識不足」といったことが挙げられているんです。単純にコンセントの数が足りない、コンセントの位置が悪いといったことが「配線の認識不足」とされています。配置予定の家具や電化製品の大きさ・数をしっかりと把握しておくことで、このような失敗は防ぐことができるかもしれません。

特に、コンセントや収納スペース、水回りなどについては、一度作ってしまうとなかなか作り直すことができません。おすすめできない間取りについて知っておき、「なぜ、この間取りはいけないのか」といったことをしっかりと把握しておくことが大切です。

次回は、ミヤワキで工夫している間取りについていくつかご紹介します。


 

私たちミヤワキホームは、地元高岡市を中心に主に呉西地区(射水市、砺波市、氷見市、小矢部市)や富山市で活躍している工務店です。自然素材を使った木の家が得意で、新築からリフォーム、平屋から二世帯住宅まで幅広い要望に応えることができます。 数多くの家づくりに携わってきた経験から後悔しないための家づくりのノウハウや、家づくりが楽しくなるような情報などを紹介していきたいと思います。

 

 

注文住宅の間取りを考えるときに知っておきたいこと

  • コラム

こんにちは、最近インフルエンザが流行っているそうですが、皆さん体調はいかがですか?元気に毎日を過ごしたいと思っている沖田です。

今回は「注文住宅の間取りを考えるときに知っておきたいこと」についてご紹介します。

家づくりは「一生に一度のマイホーム」という人も多いと思います。間取りはいろいろと慎重に考えなければなりません。

注文住宅を建てる時というのは、中古住宅や建売などを購入するときとは違って、マイホームそのもののデザインをはじめとして、間取りについても自分の思い通りに設計することができるのが最大のメリットとも言えます。

注文住宅を購入するにあたって、間取りについては特に慎重に考えることをおすすめします。マイホームを建てるとき、間取りを考えるのであれば、「家族全員の動線」に着目してみると良いでしょう。朝起きて寝るまで、1日の家族一人ひとりの動線や生活スタイルに着目してみましょう。そうすることによって、「注文住宅に求めること」が見えてくるかもしれません。

間取りについてあまり深く考えないまま建売住宅を購入してしまうと、「家族動線が悪い」「風通しが悪い」「使い勝手が悪い」などといったさまざまな問題が生じてきます。

あまりに欠点が多い住宅であると、マイホームであっても愛着が湧かないといった悲しい事態を招いてしまいます。せっかくの注文住宅ですから後悔のない空間を作りましょう。

次回は、あまりおすすめできない間取りについてご紹介します。


 

私たちミヤワキホームは、地元高岡市を中心に主に呉西地区(射水市、砺波市、氷見市、小矢部市)や富山市で活躍している工務店です。自然素材を使った木の家が得意で、新築からリフォーム、平屋から二世帯住宅まで幅広い要望に応えることができます。 数多くの家づくりに携わってきた経験から後悔しないための家づくりのノウハウや、家づくりが楽しくなるような情報などを紹介していきたいと思います。

 

 

木造住宅の間取りについて①

  • コラム

こんにちは、資格取得のため勉強に必死な沖田です。 今回は「木造住宅の間取りについて」ご紹介します。 住宅を建築する際に多くの方が頭を悩ませるのが、間取りではないでしょうか? まず、何から始めたらよいのか、悩んでしまいますよね。 ある程度決まったという方も、実は不安がありませんか。 そんな間取りを検討中の方のヒントとなる情報をお伝えします。 ・注文住宅の間取りを考えるときに知っておきたいこと ・間取りで失敗しないために押さえておきたいこと ・よりよい住まいづくりのために必要な知識。 住宅の間取りを考えるために必要なことを基本から紹介します。 間取りはその住宅のプランとも言い、生活のすべてに関わります。 よりよい住まいを作るために考えることは、挙げればきりがありません。 間取りについて考えていきましょう。 間取りを考える際、基本的な情報や予備知識を確認しておくとスムーズに事が進みます。 また、正しい情報を持っていることで設計者に要望が伝えやすくなりますし、よりよい提案を受けるきっかけにもなります。 そこで次回は注文住宅の間取りを考える時に知っておきたいことについて考えていきましょう。  
 

私たちミヤワキホームは、地元高岡市を中心に主に呉西地区(射水市、砺波市、氷見市、小矢部市)や富山市で活躍している工務店です。自然素材を使った木の家が得意で、新築からリフォーム、平屋から二世帯住宅まで幅広い要望に応えることができます。 数多くの家づくりに携わってきた経験から後悔しないための家づくりのノウハウや、家づくりが楽しくなるような情報などを紹介していきたいと思います。