コラムColumn

その①自然素材の気になる点・ひび割れ

  • コラム

 c170626.jpg こんにちは、現場に行ったら「レア江木」と呼ばれた江木です(現場に現れるのは月1です)。

さて、今週のテーマは自然素材の気になる点をお伝えします。
化学物質が少ないから、アレルギーやシックハウス症候群が心配な方にも安心して住んでもらえるとか、無垢材には調湿作用があるから快適に過ごせるとか、木の良い香りにリラックス効果があるなど色々魅力的な点があります。

でも、「いいことばっかりじゃないんじゃない?」とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ということで、自然素材のお家の気になる点、最初にご紹介するのは「ひび割れ」です。
私を含め建築に関して知識が少ない方から見たら、「これって大丈夫?」というくらい、線がピシーッと入っていることがあります。

でも、構造的にはなんの問題もないです。お家を建てる材料となる無垢材は、水分を多く含んでいるため、乾燥させて、建てたあとの構造のゆがみや反りをできるだけ防ぐために、水分量を減らしてから使います。ある一定の水分量になれば材料として使えるので、お家を建てるのですが、建てた後、時間が経つにつれて自然乾燥していくのです。それによってひび割れが発生します。

そのひび割れがデザイン的に気になり、「割れてるなんて…」と思うか、「強度が増してる証拠だな」と思うかは人それぞれでしょう。ただ、長い木造建築の歴史において、ひびの入っていないお家はないはずです。それに、コンクリートでさえ時間が経てばひびが入ります。

自然素材のお家ならではの現象ですので、そういうものだとして捉えてもらえたら、と思います。

 

私たちミヤワキホームは、地元高岡市を中心に主に呉西地区(射水市、砺波市、氷見市、小矢部市)や富山市で活躍している工務店です。自然素材を使った木の家が得意で、新築からリフォーム、平屋から二世帯住宅まで幅広い要望に応えることができます。 数多くの家づくりに携わってきた経験から後悔しないための家づくりのノウハウや、家づくりが楽しくなるような情報などを紹介していきたいと思います。

 

 

その③住宅会社の決め方~家づくり、どこに依頼したらいいんだろう~"社長が合うか"

  • コラム

 c170624.jpg こんにちは、地味な色の服しか買わない江木です(昔は赤とか黄色とかを好んで着てました)。 さて、今回の住宅会社の決め方ですが、これが一番大事だと思います。

仮設トイレのきれいさ、アフター、予算では住宅会社を決められないという方へ。
その会社の社長が合うかどうか、で判断してください。 これは、友基さんがよく言うことです。

家づくりを任せた会社とはずっと付き合っていく関係です。
だからこそその会社の社長とこれからも長く付き合うことができるかどうかがポイントです。 では、大手のハウスメーカーや大きな工務店のように、社長になかなか会えない場合はどうでしょうか。以前挙げた2つの決め手は社長の想いが反映されています。ですので、最後はその想いに共感できるかどうか、でお考えください。

ちなみに私は、社長のもつあふれんばかりの強い力に魅了されて入社をきめました(笑)

ぜひ、参考にしてみてください。

 

私たちミヤワキホームは、地元高岡市を中心に主に呉西地区(射水市、砺波市、氷見市、小矢部市)や富山市で活躍している工務店です。自然素材を使った木の家が得意で、新築からリフォーム、平屋から二世帯住宅まで幅広い要望に応えることができます。 数多くの家づくりに携わってきた経験から後悔しないための家づくりのノウハウや、家づくりが楽しくなるような情報などを紹介していきたいと思います。

 

 

その②住宅会社の決め方~家づくり、どこに依頼したらいいんだろう~"建てたあとのサポートがしっかりしているか"

  • コラム

 c170622.jpg こんにちは、大阪の食べ物にハマりだした江木です。

今回は、住宅会社の決め方第二弾。
建てたあとのサポートがしっかりしているか、です。
どんな素材でつくった家も、最初はきれいです。 でも、家というのは寿命があり、設備も10年、20年という寿命があります。 その間、なにか困ったことがおきたときに、建てた会社はちゃんと対応してくれるのか。 けっこう大事なポイントです。

設備なら、メーカーに問い合わせればメンテナンス課が対応してくれるでしょう。 でも、たとえば雨漏りや、建具やドアの調子が悪い、壁紙がはがれてきた、といった、設備ではないものにはやはり建てた会社に対応してもらいたいですよね。 なぜなら、自分たち以上に建てた家のことがわかるからです。

その対応のスピードや丁寧さ、定期的な点検をしてもらえるか。 周りの方に聞くも良し、調べてみるのも良し、会社に質問してみるのも良し。 建てておしまい、という会社は利益ばかりが目先にあります。 本当に、お客様を想って建てている会社であれば、アフターもしっかりしています。

 

私たちミヤワキホームは、地元高岡市を中心に主に呉西地区(射水市、砺波市、氷見市、小矢部市)や富山市で活躍している工務店です。自然素材を使った木の家が得意で、新築からリフォーム、平屋から二世帯住宅まで幅広い要望に応えることができます。 数多くの家づくりに携わってきた経験から後悔しないための家づくりのノウハウや、家づくりが楽しくなるような情報などを紹介していきたいと思います。

 

 

その①住宅会社の決め方~家づくり、どこに依頼したらいいんだろう~"仮設トイレを見る"

  • コラム

 c170619.jpg こんにちは、父の日に想像以上に美味しくなかったお菓子を実家に送ってしまった江木です。(ゴメンナサイ)

住宅会社って、ほんと――――――にいっぱいありますよね。 大手の会社から地元の小さな規模の会社までたくさんあります。

さて、そのなかで、いったいどうやって家づくりを任せる住宅会社を決めるのか。 いろいろと決め手になることがあると思いますが、今週は決め方のポイントを1つずつご紹介します。

まずはじめは、仮設トイレがきれいかどうか、です。
これはうちの社長が、お客様にいつもはじめに言うことです。 仮設トイレのきれいさが、その会社のレベルだと。 現場がきれいということが事故が少ない、仕事が丁寧、職人さんのレベルが高い、ということにつながるのだと。
ただ、現場がきれいというのは一般にはわかりにくい部分だと思います。でも、それが一発でわかるところがあります。それが、仮設トイレです。なぜかというと、現場で働いている人しか見えないであろう場所にこそ、会社の本当の姿が見えるからです。30年以上建築にたずさわってきた人物(うちの社長)が言うことなので、信用できるのではないでしょうか。

現場見学会を開催している会社もあるので、その際は案内される現場だけでなく、ぜひ仮設トイレも見てみてください。そもそも、仮設トイレを使わせてくれるのか?特に、女性の方でも使いたいと思うか?がポイントです。

 

私たちミヤワキホームは、地元高岡市を中心に主に呉西地区(射水市、砺波市、氷見市、小矢部市)や富山市で活躍している工務店です。自然素材を使った木の家が得意で、新築からリフォーム、平屋から二世帯住宅まで幅広い要望に応えることができます。 数多くの家づくりに携わってきた経験から後悔しないための家づくりのノウハウや、家づくりが楽しくなるような情報などを紹介していきたいと思います。

 

 

自然素材の家づくりに期待されていること

  • コラム

 c170617.jpg こんにちは、前髪をそろそろどうにかしたい江木です。

さて、今回は自然素材の家づくりで期待されていることをご紹介します。

色々とありますが、なによりも以前にもご紹介した調湿作用や空気を浄化する作用があることです。木造建造物の内部では、二酸化窒素やオゾンなどが外気よりも70%~90%減少することが東大寺正倉院で観察されています。また、温湿度が一定に保たれ、大気が浄化されてきたために文化財が長年にわたって良い状態で保存されてきたのです。

また、ストレス軽減や寝つきが良くなった、アレルギーが軽減されたといった声もあります。 ただしこれらは医学的に十分立証されたものではないのです。ただ、住宅に使用される化学物質が原因といわれる「シックハウス症候群」は近年になってから大々的に知られるようになりました。要は体に合っていない、ということが原因と考えられます。
古くから住宅の素材として活用してきた自然の木材・素材が、人間の体には一番合っているかもしれませんね。

 

私たちミヤワキホームは、地元高岡市を中心に主に呉西地区(射水市、砺波市、氷見市、小矢部市)や富山市で活躍している工務店です。自然素材を使った木の家が得意で、新築からリフォーム、平屋から二世帯住宅まで幅広い要望に応えることができます。 数多くの家づくりに携わってきた経験から後悔しないための家づくりのノウハウや、家づくりが楽しくなるような情報などを紹介していきたいと思います。